TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
亜麻の油
ご近所でも亜麻をそだてていることが分かり、
訊いてみるが
やっぱり油を採るのは難しいらしい。

なので、
ダメで元々、と思い、
ツバキ油を採る要領でやってみることにした。

まず、すりつぶず。
すり鉢ではさっぱりなので、ミルでつぶす。
すりつぶした
粉状になってしまった…
ペーストにはならない…
そんなに油、ないのかなー

そんで、ガーゼなどに包んで蒸す。
蒸してみた
なんとなくワックスのようなものがにじみでている。
が、それ以上はしぼっても出てこない。
そのまま小さいちゃぶ台に塗りつけてみた。
ちょっとワックスがかかった…?ような?

ツバキ油は1kで100㏄油が採れるらしい。
今回やったのは100gだけだから、もっと量がいるのかも。
何にしろ、やっぱり難しいのねー

スポンサーサイト
[2010/09/22 10:08] | 亜麻 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
亜麻の繊維
亜麻を水からひきあげました。
乾燥
芯まで柔らかくなるものかと思っていたけど、
どうやら芯は芯のままらしい。
あんまり浸けておくと繊維も弱くなるので、漬け置き終了。
天日干ししたら見慣れた麻の色になりました。

繊維は芯にくっついている。
表皮と芯の間ということか。
芯は固いのでポキポキ折ったら繊維が残ります。
が、これがまた地味な作業。
ポキポキポキポキ…
一度にできる道具でもあればいいんだろうけど。

亜麻の糸
右が取り出した繊維。
左が紡ぎ車で紡いでみたもの。
ちゃんとした麻の糸になりました。
おもしろい~
カゴとかつくってみたいな~

とはいえ全て繊維を取り出せるのはいつになるのか…
[2010/09/11 22:35] | 亜麻 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
種をとる
乾燥した亜麻を水に漬ける。
北海道弁で言うとうるかす。
ぬるぬる
皮がぬるぬるとはがれて、繊維をつまめるようになるまで漬けておく。

ぷちぷち
種を実から取り出す。
地道に指でつぶす。
ぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷち
果てしない。

亜麻の種
こんなかんじで。

亜麻仁油を採りたいのですが、
そのためには種をすりつぶして油を抽出する道具というか機械というか
が必要らしい。
うーん…
[2010/08/28 22:13] | 亜麻 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
亜麻の収穫
亜麻を収穫しました。
亜麻を干す
亜麻の実
植えたはいいが、いつ収穫するのか?
収穫してどうしたらいいのか?
むかしは植えていたというおとうさんやおかあさんもうろ覚え。

繊維をとりたいなら、黄色くならないうちが良いらしい、ということで
3分の1ほど残して収穫。
残りは種をとるために残してみる。
刈るのではなく、根っこから取るものらしい。

そして、乾かす。
干すのは陰干しか天日干しか?
吊るしたほうがいいのか置いといていいのか
どっちにしろ最近は湿度が高いのでほっといたら乾かないかも。
何もかも手探りです(汗)
[2010/08/10 21:09] | 亜麻 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
亜麻をそだてる
亜麻の花が咲きました。

亜麻

朝早くに咲いて、昼には散ってしまうので
なかなか満開なところを撮れません。

亜麻というのは昔このあたりでよく育てていたものらしい。
茎からとれる繊維は麻より高級なものらしい。
最近は観賞用だったり、種から油をとる目的で栽培されているらしい。

神社のお祭りで
おじいさんから¥50で種を購入。

繊維が取れたら、糸ができたらいいな~と思い植えてみる。
おかあさんがついでに草とりしてくれたり、
「肥料まいといていい?」と聞かれたり
植えっぱなしです~

調べたら、繊維を取るのは何やら難しいらしい。
むむ~
[2010/07/20 22:49] | 亜麻 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。